プレゼン塾を開催します

この度、石橋優介建築設計事務所では、建築を学ぶ若い学生や設計者を対象として、CG・模型再作・提案書作成に特化したプレゼン塾を2021年より開催します。

予定としては、オンラインと事務所での作業を合わせて、年36回から48回(月3~4回)を想定しています。

私は誰に習ったわけではないですが、模型作成は多くの設計事務所やアトリエにオープンデスクさせてもらい、技術を身をもって学んできました。またCG作成に関しても同様です。

お客様にプレゼンテーションをするとき、個人設計事務所でも組織設計事務所でも、CGや模型、提案書の書き方のスキルは必要となってきます。

これってなかなか教えてもらえないのです。

でも今はyoutubeをはじめとした動画等で、オンラインで簡単に学ぶことができますが、教えてもらい、講評され、成果品やプロセスを議論しあう方が、成長のスピードは早く、より内容が濃いものになると思っています。

私は実務では、shadeとphotoshop、illustratorを使用していますが、これで十分です。手が足りない時は、CGや模型は外注しますが、ほとんど自分で作成しています。

CG作成や模型作成を専門としている業者の方よりは上手か下手か分かりませんが、設計者がつくるとコンセプトが強調されて、よりよいものになってきます。(その分時間はかかりますが)

なので、時間を意識して、短時間(3・4時間から1日程度)で外観やインテリアのCGを作成できるよう指導できればと思っています。

私は我流ですが、1日で4~5カットぐらいプレゼン用のCGを作成します。模型は1/50だと3日、ちょっと大きい1/20であると1週間ぐらいかけたりします。

但し、設計者の本質はあくまで設計の力なので、プレゼン力は2の次と考えています。しかし、CGや模型を用いたスタディーは、設計力の向上にもつながると考えます。一つの手法として、興味がある方は、お気軽に問い合わせよりご連絡ください。

PAGE TOP